大切な車を輸送する際に押さえておきたいポイント
ロゴ

私物をのせないよう注意!車の輸送時にはルートも確認

車を輸送する方法

引っ越しや、遠方での出張などで車を移動させたいという場合、車を輸送することが必要となります。専門業者がカーキャリーに乗せる他、カーフェリーで目的地近くの港まで運ぶことなどが挙げられます。

まずは見積もり!

まずは、発送元から受取地までの見積もりを専門業者に依頼することから始まります。出発日、車種や総排気量、どのような形態で発送してもらいたいかなど希望を伝えて費用の見積もりを依頼しましょう。

大切な車を輸送する際に押さえておきたいポイント

船

車を輸送する際の注意点

車を輸送する際には、いくつか注意すべき点があります。車の中には貴重品を始め私物・荷物を詰めておくことができません。車には車検証や自賠責保険証などの車の持ち主を証明する書類だけをのせておきましょう。また、どのようなルートで車を輸送するのか事前に確認しましょう。場合によってはフェリーを利用した方が安く済ませることができますし、天候不順や何らかの事故に巻き込まれている可能性が生じた場合も安否を確認しやすくなるからです。輸送予定表などをもらい受けておくと安心でしょう。

依頼する前に確認しておきたいこと

車の輸送を依頼する前に確認しておきたいことは、車の中に余計な荷物が積まれていないかどうかを確認します。これは業者側も引き受け時に依頼者立会いの下で確認を行います。また、自動車として自走できる状態(燃料とバッテリーがあり)の状態で輸送を依頼するか、バッテリーや燃料を抜いた状態にし、荷物の状態で輸送を依頼するかでも費用や契約内容が異なってきます。見積もり時に相談をするとよいでしょう。思わぬ事故を防ぐため時間を掛けた輸送や長距離輸送の際は荷物扱いでの依頼を行うと安心です。

広告募集中